次のインプラント症例報告 その2

前回からの続きです。

3ヶ月がたち、インプラントに土台を建てました。

P2200799.gif

P2200797.gif


仮歯の期間1ヶ月後、最終的なものを装着しました。

P2200801.gif

P2200803.gif


P2200806.gif


術前はこちら
P9190757.gif

やはり、1本あるとないのではだいぶ違う、という感想でした。

同じぐらいの年齢の方たちが入れ歯で苦労されているそうで、インプラントできると言うのはありがたい、といわれていました。

こちらは高齢者になりますので、日々の手入れがどれだけ自分でできるかが心配なところです。

ということで、定期健診は必須になります。
スポンサーサイト



その次のインプラント症例報告その1

70代女性 前回の症例報告の方のお母さんです。

左下の奥歯1本だけがなくて、体が元気なうちにぜひインプラントしてほしい、とのことでした。

P9190757.gif


P9190755.gif

P9190758.gif


娘さんのほうと違って、上の歯との空間は十分にあります。

あごの骨の厚みも十分ありました。


ただ、娘さんのほうの手術のときは、骨の質が柔らく、骨につくまでの期間を長めに取らざるを得なくなりました。

親子なので、骨の質の遺伝は少なからずある、と考えてそれを踏まえた上での術式を選択。

結果、十分すぎるほど骨とインプラントを固定することができましたので、こちらは通常の3ヶ月待機後、仮歯を入れることにしました。

PA020761.gif

うちの最近のオペでは、あまり切開を加えません。したがって、縫合も少なめです。

術前のCTで骨の状況、厚みがわかっているので、大きく歯肉を開く必要がありません。

したがって、縫合の時間も少なく、術後の腫れも痛みもかなり減りました。


もちろん、難しい症例ではこれまでどおりの切開が必要です。それでも小さく開けておいて、少しずつ追加する。
最小限の切開でやることを心がけています。


最近これをやり始めたので、まだ切開は小さくなる、と思われます。
最終的には糸で縫う必要もないぐらいにする予定です。

今回も痛み止めの服用がいつもより少なかったようです。

次回に続く。

インプラント症例報告その2

前回の続きです。

手術直後の写真はないのですが、この方は非常に骨が柔らかく、術中にわかりました。

ということで、通常は3ヶ月で仮歯を入れるのですが、5ヶ月ほど待ちました。


5ヵ月後に仮歯を入れる準備をしていきます。

PC220773.gif

5ヶ月前とは違って、もうインプラントはびくともせず、骨についています。

PC220775.gif

ただ、この状態では、上の歯がまだ出すぎていて、下の歯とのかみ合わせのバランスがとれません。

ということで、上の歯を削って、下の歯、左右の歯と調和を合わせます。


最終的なものが入りました。

P2120784.gif

P2120790.gif

上の歯を調整することで、下の歯を入れるスペースがようやくとれました。

P2160792.gif


術前はこれ

P6120703.gif


ほかの部分も治療もあって、ちょうど半年ほどで全体が終了しました。

固定式のもので、左右かむことができるようになって、楽になりました。 


との感想をいただきましたが、これからがはじまりです。定期健診が必要になります。

インプラント症例報告その1

50代女性。左下の奥歯の欠損があります。

過去に義歯を装着したが、痛くて1日もつけていられなかったので、インプラントにしたい。


ということで、インプラントを希望されました。


もう何年も歯がない状態で放置されていたので、向かい側の歯(左上)が下に向かって出てきています。

P6120703.gif

P6120700.gif

人間の歯は常にかみ合った状態でなければ、かみ合う状態を作ろうとして、向かい側に生えてきてしまいます。

この方も一番奥の歯は下の歯茎との隙間が1mm程度しかありませんでした。写真では削ってあります。

P6120705.gif

インプラントを行う歯茎のほうは、十分に骨もあって問題ありません。

次回に続く。

10北九州歯学研究会

常勤歯科衛生士を募集しています。
まずはお電話ください。

092-554-2525 おはら歯科医院





先日の日曜日は毎年参加している北九州歯学研究会の講演会に行ってきました。


今回は、学校は違いますが、テニス部の同期が新人として発表することになっていたので、楽しみにしていました。


CIMG0814.gif


卒後12年たつと、それぞれ開業医として、経験、環境の違いでさまざまな方向性になってきます。

彼は地道に勉強していることを知っていましたが、発表もしっかりまとまっていて、自分とはまた違う方向性でがんばっていることを知りました。


今回の講演会は中堅の先生中心だったせいか、例年より参加が少なかったような気がします。


講演会後は、自分の大学のテニス部の後輩と、大学時代良く行っていた店に食事に行き、楽しい時間をすごせました。


後輩も、仕事、家庭、独立の時期などで壁にぶつかりながらもがんばっていることを聞いて、こちらも気持ちが引き締まって、いい話ができました。


また、行きましょう! て話になったけど、次は結構あとになるような気が。。。
ブログ内検索
プロフィール

oharaphd

Author:oharaphd
おはら歯科のブログへ
ようこそ!

おはら歯科医院では患者様ひとりひとりを自分の身内と同じと考え、自分の身内に施さない治療は患者様にも施さないといった理念のもとに治療を行っております。
また、治療計画用ソフト、レントゲン写真を使用して、十分なインフォームドコンセントのもとでの治療を心がけています。

おはら歯科
大濠南インプラント・歯周病センター
〒810-0045
福岡市中央区草香江1-9-12
大濠公園南ハイツ2F
TEL 092-738-7778
www.ohara-phd-dc.com
メールお問い合わせはこちら
---------------------------
常勤歯科衛生士を募集中!
詳しくはこちら
まずはお電話ください。
---------------------------
ランキング参加中です

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ

地図
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケータイ用QRコード
QR
リンク
RSSフィード