インプラント手術後の治りがいいのは

夏期休暇のお知らせ

夏季休暇・院長研修のため
8月17日(火)~21日(土)休診します。
13,14日は通常診療になります。

常勤歯科衛生士を募集しています。
募集用件ご覧の上お電話ください。

092-554-2525 おはら歯科医院




先週土日は、先月から参加している歯周病のセミナーに参加してきました。
実習、講義、懇親会と盛りだくさんでしたが、またもや勉強になりました。

新しい技術はもちろんですが、従来の技術の確認作業もでき、懇親会で技術のことはもちろん、医院経営の勉強もできました。

ところで今回は症例報告です。
最近、わが医院のインプラント手術ではあまり切開を加えません。

もちろん、術前のCT検査で確認して、しっかり骨がある症例においてです。

最低限の切開を加えるので、最後の縫合は不要になります。

P7281024.gif


50代女性で、1糸のみ縫合しましたがあまり切っていませんので2日後には抜糸できました。

術後1週間後の状態
P8041035.gif

表面上の傷は見られません。粘膜レベルでは治っていますが、骨とインプラントはまだまだくっついていません。


今回は1糸の縫合しましたが、たいていは縫合をしないことが多いです。

切開を最低限しか加えないので、こういったことが可能になります。

利点として、
・縫合しなくて良いので手術時間の短縮になる。
・大きく切って粘膜をはがさないので、術後の腫れが少ない、あるいはまったく腫れない。

ということがあります。

あとこれは僕の感触ですが、同じようにされているほかの先生も言われてることで、インプラントが骨につくまでの期間が1ヶ月前後早まるような感触があります。

もちろん、CTでの検査であらかじめ条件のそろっている症例に限られますが、少しでも治りがよくて、腫れが少ない、というのは患者さんにとっても我々歯科医にとってもいいことです。

17日からの休暇中に、この術式を含めてできるだけ最低限の切開等の技術でインプラントを行っているアメリカ・サンフランシスコのほうへ研修に出かけてきます。

研修のため、観光している時間もありませんが楽しみです。

お休みが長いですが、その分学んで帰ってきます。ご了承ください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
プロフィール

oharaphd

Author:oharaphd
おはら歯科のブログへ
ようこそ!

おはら歯科医院では患者様ひとりひとりを自分の身内と同じと考え、自分の身内に施さない治療は患者様にも施さないといった理念のもとに治療を行っております。
また、治療計画用ソフト、レントゲン写真を使用して、十分なインフォームドコンセントのもとでの治療を心がけています。

おはら歯科
大濠南インプラント・歯周病センター
〒810-0045
福岡市中央区草香江1-9-12
大濠公園南ハイツ2F
TEL 092-738-7778
www.ohara-phd-dc.com
メールお問い合わせはこちら
---------------------------
常勤歯科衛生士を募集中!
詳しくはこちら
まずはお電話ください。
---------------------------
ランキング参加中です

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ

地図
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケータイ用QRコード
QR
リンク
RSSフィード