臼歯部インプラント症例その2

50代男性左下インプラントの続きです。

手術後3ヶ月たって、仮歯を入れていく段取りになりました。

アパットメント装着

十分に骨結合しており、方向も問題ありません。

仮歯の期間を経て、最終上部構造が入りました。

P7221378.gif
P7221381.gif

全体のレントゲン写真です。
最終上部構造

右下の奥から2番目の歯も歯根が割れています。
左が咬めるようになったら、治療しましょう、との治療計画でしたので、次回から右側上下の治療になっていきます。

こちらは保険のブリッジでも大丈夫ですが、インプラントであってもどちらも抜歯がまず先になります。

右側がいつ痛み出すか心配でしたが、左側インプラントの治療が終了しましたので、一安心です。

歯の治療は、左右どちらかが咬める、食事ができる状態にしておかねばいけないので抜歯も含めて治療計画が大切です。
特にインプラントは治療期間がかかりますから、咬んでいる側の状態も常に頭に入れておかねばなりません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
プロフィール

oharaphd

Author:oharaphd
おはら歯科のブログへ
ようこそ!

おはら歯科医院では患者様ひとりひとりを自分の身内と同じと考え、自分の身内に施さない治療は患者様にも施さないといった理念のもとに治療を行っております。
また、治療計画用ソフト、レントゲン写真を使用して、十分なインフォームドコンセントのもとでの治療を心がけています。

おはら歯科
大濠南インプラント・歯周病センター
〒810-0045
福岡市中央区草香江1-9-12
大濠公園南ハイツ2F
TEL 092-738-7778
www.ohara-phd-dc.com
メールお問い合わせはこちら
---------------------------
常勤歯科衛生士を募集中!
詳しくはこちら
まずはお電話ください。
---------------------------
ランキング参加中です

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ

地図
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケータイ用QRコード
QR
リンク
RSSフィード