歯がないのに、膿が出てきたら。六本松・草香江のおはら歯科大濠南インプラント・歯周病センター

当院でインプラント治療をされて、メンテナンスに通院されている患者さん。

インプラントとは関係ない部位で、歯がない部分がたまに痛んで、今回は顎の下のリンパ節まではれているとのこと。

早速、診てみるとその部分を押すと膿も出てきます。昔、親知らずがあったと思われる場所です。
インプラント治療の際にCTを撮っているので、確認すると何かが残っているようです。

次回来られた際に、麻酔して切開してみると、歯のかけら、たぶん親知らずの根の一部が残ったままでした。
(親知らずの処置は当院で行なったものではありませんが)顎の骨に埋まってはいましたが、容易に取り出せました。
P4038864.gif

大きさにして、小指のつめほどの大きさでしたが、写真でわかるように、かけらの中央に黒っぽい何か付着しています。

親知らずが生えていた時に、付着していた歯石と考えられます。親知らずのかけら自体は問題ないのですが、付着した歯石等の汚染されたものがあったせいで、感染が起こり、毎回腫れや膿の原因になっていたのでした。

今回のケースは、親知らずのかけらの取り残しに付着した歯石による炎症でした。
歯科医院の定期健診が長期間空きますと、同じように歯石や感染性物質が歯に付着した状態になり、急性の炎症の原因になります。ご注意ください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
プロフィール

oharaphd

Author:oharaphd
おはら歯科のブログへ
ようこそ!

おはら歯科医院では患者様ひとりひとりを自分の身内と同じと考え、自分の身内に施さない治療は患者様にも施さないといった理念のもとに治療を行っております。
また、治療計画用ソフト、レントゲン写真を使用して、十分なインフォームドコンセントのもとでの治療を心がけています。

おはら歯科
大濠南インプラント・歯周病センター
〒810-0045
福岡市中央区草香江1-9-12
大濠公園南ハイツ2F
TEL 092-738-7778
www.ohara-phd-dc.com
メールお問い合わせはこちら
---------------------------
常勤歯科衛生士を募集中!
詳しくはこちら
まずはお電話ください。
---------------------------
ランキング参加中です

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ

地図
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケータイ用QRコード
QR
リンク
RSSフィード